カテゴリ:WS&コンセプト( 4 )
中止のお知らせ
地震による被害のため、水戸芸術館は施設復旧のため当分の間休館する、ということが発表されました。ですので、私の展示・ワークショップも中止となりました。

文谷有佳里

d0207408_1495511.jpg

[PR]
by hssw2011bunya | 2011-03-15 14:25 | WS&コンセプト
ワークショップの手順
机の上のドローイングセットからペンと紙を1つずつ取り、指示書を読む。
d0207408_845163.jpg

実在の物ではない形を線で描く。「自分は何を描いているんだろう?でもおもしろい形だな・・・」と思いながら5分間線を描き続ける。
d0207408_845584.jpg

5分経ったらスタッフの方に渡して、写真を撮ってもらって・・・
d0207408_8452057.jpg

壁に展示してもらう。
d0207408_8452587.jpg

壁にあるもの以前に描かれたワークショップ参加者のドローイングは、黒いファイルに入っています。自由にご覧ください。
[PR]
by hssw2011bunya | 2011-03-08 08:52 | WS&コンセプト
紙とペンと指示書
私が普段使用しているハガキサイズの紙とペンがおいてあり、来た人は自由にドローイングできます。
そばに指示書が置いてあり、描く上での簡単な指示が書いてあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

指示書

前提条件:実在の物を描かない。(花とか、動物とかを描かない。)
1.ペン先を紙の真ん中に置き、手を動かして描き始める。
2.手の動きに任せて、線を描き進める。
3.「何なのかわからないな~でもおもしろい形だな~」と思いながら描き進める。
4・友だちがいる人は、話しながら描く。(むずかしかったら、話さなくてもいいよ。)
5.5分たったら終わり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんなドローイングになるかは描いてみないとわからない!
[PR]
by hssw2011bunya | 2011-02-28 19:35 | WS&コンセプト
作品コンセプトとプロフィール



手の書き癖から生まれる線を自由に走らせ、

描き進めてゆく中で生まれてくる構造によってひとつの画面にまとめる。

意図を排除し即興で描くことにより嘘やわざとらしさを解消してゆき、

そのことによって生まれる清らかさと遊びを画面に浮き上がらせる。




d0207408_14211771.jpg


文谷 有佳里 Bunya Yukari


1985 岡山県生まれ
2008 愛知県立芸術大学音楽学部作曲専攻卒業
2010 東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了


主な活動

【音楽活動】
2005 「ライブペインティング:幻」愛知県立芸術大学
2007 電子音楽コンサート「Void Sonicage」 愛知芸術文化センター
2008 電子音楽コンサート「ぶんちゃん♪」 愛知芸術文化センター
     「愛知県立芸術大学 卒業演奏会」 愛知芸術文化センター
     「桑原賞」受賞(愛知県知事賞)
2011  パフォーマンス・コンサート「オセロvol.1」 愛知芸術文化センター

【個展】
2006 「pp[op.0 ~ 21+drawing]」 愛知県立芸術大学 学食2Fギャラリー
2010 「なにもない風景を眺める」 space bandee /韓国

【グループ展】
2006 「四芸祭公募展」グランプリ受賞/愛知
     「第2回プラスビデオアワード2006」入賞 +Gallery/愛知
2007 「POWER」 愛知県立芸術大学
2008 「桐生再演14」 旧金谷レース工場/群馬
2009 「柏の葉 交叉展」 UDCKアーバンデザインセンター柏の葉/千葉
     「桐生再演15」 青木邸/群馬
     「あいちアートの森」 旧新城東高校本郷校舎/愛知
2010 「201OAFTY」 Gallery Jin Projects/東京
     「群馬青年ビエンナーレ」入選 群馬県立美術館
     「Winter Session 2010」  Gallery Jin Esprit+/東京
     あいちトリエンナーレ2010 「Upcoming!!!:長者町デキタテ工房」入選 伏見地下街店舗
2011 「アーツ・チャレンジ2011」入選 愛知芸術文化センター
[PR]
by hssw2011bunya | 2011-02-28 14:26 | WS&コンセプト


文谷有佳里ウェブサイト
Yukari Bunya website
http://yukaribunya.com/


水戸芸術館現代美術センター 
高校生ウィーク2011

「ドローイング -私の居場所、描く場所-」
文谷有佳里

電話しながらいたずら書きしたようなドローイングの公開制作と展示を行います。

高校生ウィークの期間中(3月3日~4月3日)、来場者が自由にドローイングができるコーナーを設けます。

3月23日~4月3日には、公開制作も行います。

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30